一般歯科

一般歯科では
2大疾患である虫歯と歯周病の治療を行います。

About General dentistry
一般歯科について

なるべく抜かない、痛くない治療を

「歯は悪くなったら削って、丈夫な被せものや詰めものをすればいい」そうお考えの方はいらっしゃいませんか?
実は、歯は一度削ってしまうと二度ともとに戻ることはありません。被せものや詰めもので歯が強くなった気がしても、実際は削れば削るほど、天然歯の寿命は短くなってしまうのです。
そこで、かなデンタルクリニックではなるべく削らない・抜かない治療に取り組むことで、天然歯を残すことに努めています。

Denture
虫歯の治療について

むし歯の原因

むし歯は、歯質、細菌、食べ物の3つの要素に時間の経過が加わってできると言われています。
菌の塊である歯垢(プラーク)に含まれる、むし歯の原因となる細菌(ミュータンス菌)が糖分やタンパク質を分解します。それによって排出される酸などが、歯のエナメル質やカルシウム、リンなどの成分を溶かしてむし歯を作るのです。
一口に虫歯と言っても、初期の虫歯から重度の虫歯まで進行度によって様々なステージがあり、各ステージにより症状や治療法が異なります。

1.歯の表面にむし歯ができます

エナメル質のみが溶かされ穴があいた状態です。
冷たいものがややしみたり少し違和感を感じますが、
痛みはほとんどありません。
虫歯を削って樹脂や金属の詰め物をしますが、
虫歯がエナメル質にとどまっているため、
麻酔を使わなくても痛みを感じません。

2.むし歯が神経に近づき、
冷たいものがしみます

虫歯が象牙質まで進行した状態です。
この段階で初めて自覚症状が現れることが多く、
冷たいものがしみたり痛みを感じます。
虫歯が神経の近くまで進行している場合は
神経を抜くこともあります。

3.熱いものがしみて、
ズキズキ痛みます

虫歯が神経まで進行しており、
歯髄炎という神経が炎症を起こした状態です。
温かいものでも痛みを感じます。
通常は神経を抜き、神経が入っていた根っこの部分を
数回治療した後、被せ物をします。

4.神経が死に、
痛みを感じません。

歯の根っこまで虫歯に侵されている状態です。
この段階になると通常は抜歯となります。
その後ブリッジ、入れ歯などの治療を行います。
傷跡が消えるまでは最終的な治療をすることが
できないため、治療期間が長くなります。

About Periodontal disease
歯周病の治療について

歯周病の原因

日本の成人の約80%が患っていると言われている歯周病。
実はとても怖い病気だということをご存知でしたか?
歯周病はむし歯などと異なり、痛みなどの自覚症状がほとんどありません。そのため、気付いた時にはかなり進行しており、抜歯しなければならないということが多々あります。
また、歯周病はお口の中だけではなく、糖尿病や心臓病などの全身疾患や、早産・低体重児との関連性が報告されています。
歯科医院での検査、歯周病菌や歯石の除去を定期的に行い、生活習慣を改善することで、お口だけでなく全身の健康を守ることができるのです。

1.健康な状態

健康な歯なら、歯周ポケットが0.5mm~2mm程度ですが、
歯肉炎になると3~5mm程度になります。
ブラッシング時に出血することがあります。
歯肉炎は歯肉のみの炎症で、歯槽骨には異常はありません。

治療方法:ブラッシングをしっかりと行い、歯石除去を行います。

2.軽度歯周病

歯周ポケットが4mm~5mm程度になり、
歯肉の炎症が進んで、歯を支える骨の吸収が起こりはじめています。

治療方法:歯肉の下にある歯石を機械的に除去します。

3.中等度歯周病

歯周ポケットが5mm~7mm程度になり、
歯を支えている骨もかなり溶けてきています。
症状として、歯肉が腫れたり出血があったり
歯がぐらぐらしたり嫌な臭いを感じたりします。

治療方法:歯周病の専門的な治療を行い、改善をはかります。

4.重度歯周病

歯周ポケットが7mm以上になり、
歯を支えている骨がかなり吸収されています。
症状としては、歯の根(歯根)が露出してきたり、
歯がかなりぐらぐらとゆれたりします。

治療方法:場合によっては歯を抜かなければいけません。

〒113-0023 
東京都文京区向丘1-10-6 コスモ文京1F

※土曜午後の診療時間は14:00~17:00となります。
※休診日:水曜日、日・祝日